今まで派遣やバイトなど仕事の幅がない場合の職務経歴書の書き方

派遣やバイトなど仕事の幅がない場合の職務経歴書の書き方

前向きに仕事に取り組む姿勢をアピールする

 

今までの職務経歴が、仕事の幅があまりない派遣やバイトで、中途採用で正社員になろうとすると、職務経歴書に何をアピールしていいかわからないことがありますよね。

 

単調な業務の連続で仕事の幅がない場合などのウイークポイントがあるなら記載方法で解決する工夫をして職務経歴書を書きます。

 

よく、自分の仕事を振り返ると単調な仕事しかしてこなかったという人がいますが、これはその人の仕事への認識の甘さ、あるいは不満の表れに過ぎません。

 

会社としては、単調な仕事しかさせなかったという気持ちはなく、むしろ大事な仕事の一端を「任せてきた」と思っているはずです。

 

企業の歯車のなかで仕事を行っていくには、ルーティングワークも欠かせない業務であり、それをいかに効率的に正確にこなすかも重要な仕事の処理能力にあげられます。


派遣バイト経験者の評価が高くなる職務経歴書とは

今まで派遣やバイトなど仕事の幅がない場合の職務経歴書の書き方

 

 

派遣とかバイトって、責任がなさそうに取られてしまうイメージがあります。

 

どうやって職務経歴書にアピールした方がいいんですか?


 

職務経歴書に記載する場合は、派遣やバイトでの仕事がどういう目的の仕事であるか、から中心に書き出します。


単調な業務の連続の中に、

  • どういう意味の仕事なのかの位置づけをはっきりさせ
  • どれくらいの量をこなしてきたか
  • 自分なりにどういうことを心がけて行ったか
  • どういう工夫をしたか

などを記載します。

 

そのとき、ポジティブに仕事に取り組む姿勢をアピールする事が必要です。

 

仕事に不満を持って転職を考える人は、逆に面接官に仕事への認識の甘さを指摘されることが多いからです。

 

また、単調な仕事に不満を持っていたならそれを脱却するためにどういう努力をしたか、どういう仕事をしたいかなど、単なる不満に終わらずしっかりしたポリシーを表示しなければなりません。

 

今の仕事から逃げたいのではないかと思われないように、ビジョンを示す必要があります。

 

単調な仕事でもその中で経験したことから得た教訓、反省、よかったことなど具体的な経験を記載し、それらをプラスに捉えて次の会社で活かすつもりであることを示すのも必要です。

 

そうすれば、自分オリジナルの評価が高い職務経歴書ができあがります。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していないことがほとんどです。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、非公開の情報や希望する案件の情報を教えてくれます!

 

希望する仕事に中途採用で転職成功できる無料のおすすめサイトは
こちら→非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)





中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム