中途採用でブランクの期間の理由をうまく説明できれば不利にはならない

ブランク期間の説明がうまくできればクリア

ブランク期間のある履歴書

 

中途採用で、転職をしようとする、している時に、履歴書にブランクの期間があると、気になりますよね。

 

ネガティブに考えてしまうと、採用する企業の方は、ブランク=無職期間 → ダラダラ → 使えない人 と思うんじゃないかと、焦りがちです。

 

転職で仕事を探していて、面接を受ける際には、

 

ブランク期間はどう過ごしていたかは必ず聞かれます。

 

中途採用したいと思っている企業の方は、履歴書にブランクの期間があっても、納得できてしまえばネガティブな印象を持つことはありません。

 

中途採用の業種や、募集形態にもよりますが、ブランク期間の説明がうまくできれば、求職する方の悩みはクリアーできます。

 

保育士や看護師、専門系の職種では、出産や結婚で退職する女性が多いことも相まって、ブランクがあることはほとんど気にする必要はないです。

 

専門職以外でも、最終的には、本人のやる気と、中途採用する側の職種がマッチングしていれば、自分ではダメだと思っていた企業に採用されることもあります。


中途採用の面接ではブランクをどう見る?

転職する時には、どうしても前の職場と、次の職場に移る時に、全くブランクがない、というのは理想です。

 

前の仕事を辞めた時点で、新しく中途採用される会社が決まっていれば、ブランクの期間を気にする焦りは無くなりますよね。

 

悩ましいのは、中途採用される会社が決まっていない時です。

 

転職活動の平均的な期間が2、3カ月と言われています。

 

前の会社を辞めてからの離職期間が長くなると、履歴書のブランク期間が長くなって、再就職に不利になってしまいます。

 

では、中途採用の面接ではブランクをどう見ているのでしょうか?

 

中途採用をしている会社は、基本的に即戦力を求めています。

 

面接でチェックしているのは、

  • やる気があるか
  • 続けてもらえそうか
  • どうしてもこの人を採用したいと思うか

ここを中心に面接しています。

 

中途採用の面接で企業が見ているものが、会社で仕事をしてもらうためのことなので、ブランクの期間があっても、会社に対して説明ができれば、問題はないんです。

 

転職までのブランク期間

 

ブランク期間の理由が説明できれば問題ない、とは言っても、1ヶ月と5年では素人目に見ても随分と印象が違ってきます。

 

では、そのブランクの期間はどの程度なら、どういった説明をすればいいのでしょうか。

 

ブランク期間がなしor1ヶ月

一般的に、離職期間が1ヶ月程度であれば、全く気にしなくていいレベルです。

 

前の仕事を辞めた時点で、中途採用側もいつ入社するのかを予め知っておきたいので、問われるかもしれません。

 

現在の職場で退職を申し出た場合、引き継ぎや退職までの期間を想定して1ヶ月程度なら、全く問題なしです。

 

ブランク期間が半年、1年

 

ブランクの期間が半年以上1年程度あると、面接で聞かれた際に、説明する必要がありますね。

 

 

半年も採用試験を受け続けて、どこにも引っかからないと、焦りと絶望が入り混じってきますよね。


 

悲観的に捉えると、たくさんの企業に応募したけど、選考に引っかからず、なおかつ内定がゼロだった、のではないかと思われてしまう可能性があります。

 

なんとか、企業を説得できる説明が欲しいところです。


ダメな人のレッテルを貼られてしまうと、マイナスからのスタートで面接を受けることになるので、復活は難しいですね。

 

中途採用での転職が思い通りにいってないな、と感じたら、ブランク期間が3カ月前後で見直した方がいいです。

 

6カ月近くになると黄色信号だと考えて、緊張感を持ったほうがよさそうです。

 

マニュアル的な模範解答では、「資格の勉強をしていた」というものです。

 

おおよその資格試験は1年に1度程度のことが多いので、その期間をうまく説明できて、仕事に活かせるようであれば、好感度は高いですね。

 

ブランクがあるという過去の事実を変えることはできないので、入社後に活かせるという未来の話で熱意を伝えるのがポイントです。

 

転職のブランク期間が長い、5年

1年以上のブランク期間が履歴書にあったら、よっぽどの理由がないと、説明がつかないはずです。

 

  • 家庭の事情で「家族の介護をしていた」
  • 個人事業主のフリーランスで単発に仕事をしていた
  • 健康を回復するための静養期間だった

など、ですね。

 

年単位でブランク期間があると、なかなか即戦力を求めている中途採用をする会社には採用されにくいです。

 

企業の方は、

  • 「この人、辞めてから何年も何をしていたのか?」
  • 「働かなくてもいい、お金持ち?」
  • 「近所ではどんな噂になってたんだ?」

と、うがった目で最初は見てきます。

 

専門的な職業であれば、年単位のブランクはあり、だったりするのですが、一般的な仕事であれば、長いブランクはどうしてもデメリットになりがちです。

 

特に、理由もなく前の会社を辞めてから就職活動を始めると、職歴にブランクができがちです。

 

ブランク期間を前向きに説明する

前向きにブランク期間を説明する面接者

 

どれくらいの長さのブランク期間だとしても、新しい中途採用先までの期間を前向きなな理由で説明できれば、ポイントが上がることもあります。

 

ブランクの期間を説明して、納得してもらうことは、採用する企業の不安を取り除くことができます。

 

以前なら、辞めてからでないと、ハローワークの求人探しなどで転職はできないこともありました。

 

でも、今なら、インターネットや携帯電話を使って、仕事をしながら転職活動もできます。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌、インターネットで中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

「ブランク可、未経験者可能」な会社が、人が集まらなくて誰でも歓迎と載せていることもあります。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、ブランク期間がある人への面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム