転職で書類選考が通らないのは中途採用する側が「うちじゃなくても」と思うから

書類選考をクリアするためには

書類選考を書く中途採用希望者

 

転職ではまず、履歴書を書いて、書類選考に通過しなければなりませんよね。

 

書類選考にクリアするのは、マニュアル通りの書き方では通過できないのです。

 

中途採用では必ずある書類選考に、何度、応募しても通らないのは、企業側が、マニュアル通りの書類ばかり見て、「うちじゃなくてもいいんじゃないの?」という心証を持っているからです。


企業が落とすための書類選考をしている理由

中途採用されるためには、まずは書類選考の関門を突破しなければなりません。

 

履歴書職務経歴書の記載に誤字・脱字などのミスなどはもってのかですし、採用に不利になる要因(例えば応募資格条件に合わない、転職回数が多いなど)がないことが第一です。

 

もしあったとしてもそれを十分に補える魅力、つまり採用側が「この人に会ってみたい」と思うような記載が必要ということです。

 

書き方を自分のスタイルで、先方に熱意や誠意が伝わるものが書けるでしょうか。

 

熱意ある書類選考に応募する転職者

 

会社の人事では、大きいとろこでは、毎日のように仕事して書類選考をしているわけなので、履歴書の書き方だけで人柄や性格まで読みとってしまうのです。

 

ただ履歴書の空欄を埋めただけのものや、どこかのマニュアルどおりに書いたような「その大勢」に入れられるような書き方も書類選考として見ると、ダメということです。

 

企業が求人募集の広告を出すと、何十通、何百通、多いと千通を超える応募があります。

 

最近では、メールやWEBでの応募と選考があります。

 

しかし、企業側は応募者全員に面接試験を行うことはあまりありません。

 

まずは書類審査でかなりの数がふるい落とされ、応募者が絞り込まれます。

 

百人の応募があれば百通りの履歴書があるはずなのですが、なぜか可もなく不可もなくのものが圧倒的に多いのが不思議ですね。

 

履歴書から考え方・生き方など人物像が伝わるもの、そして能力や技能を十分に提示できるものが、まず書類選考に残るのです。

 

どうしても書類選考が受かりたいなら、できるだけ自分の言葉に噛み砕いて書くことです。

 

やたら目立とうとするのは逆効果ですが、気持ちがストレートに伝わる書き方のほうがインパクトがあります。

 

そして書類選考の書類を読む側のことを考えれば分かるはずですが、志望動機などはどこの会社にも当てはまるような内容にしないことです。

 

何社も受ける人のなかには面倒くさくなってしまうこともありますよね。

 

だからと言って、書類選考もコピペ状態で、同じ内容の履歴書を何通も作成していても、これでは訴求力まったくなくて受かりません。

 

採用側も「この人、うちでなくてもいいのじゃない?」て、必ず思うからです。

 

見方を変えれば、落とすための書類選考の審査が行われることになるのです。

 

企業としては自分の会社にふさわしい資質の持ち主、つまりめぼしい人物をこの時点で候補として選び出すのですが、もし該当者がいなければ採用は行われないこともあります。

 

中途採用の書類選考が通らないのは、企業側が書類選考で、訴求力を見て、なければ「うちじゃなくても」と考えているからです。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌、インターネットで中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム