アナウンサーの中途採用

中途採用でアナウンサーになるには

アナウンサーはとても人気の職業です。アナウンサーにも様々な種類のものがあります。

 

よくテレビで見る、キー局のアナウンサーは一見華やかにも見えますね。

 

そんな、アナウンサーに中途採用されるにはどのような方法があるのでしょうか。

 

まず、キー局のアナウンサーで中途採用された実績があるのは、テレビ東京やTBSです。

 

その場合でも、よく知られているアナウンサーはフリーアナウンサーからの採用ばかりですね。

 

そのため、キー局のアナウンサーに中途採用されるには、フリーのアナウンサーを多くかかえるプロダクションへの登録をすることから始まります。

 

経験者じゃないとダメ、と考えるのは早計で、未経験者でも採用するところが多く、実はそこからがスタート地点になります。そして、経験の場を踏むために、結婚式やイベントの司会などをすることになります。

 

しばらくすると、イベント出展に伴う企画から運営、広報活動などもするようになり、事業アナウンスや関係協力会社との調整などに携わることになります。

 

他にも、アナウンサーとして中途採用されるには、アナウンサーを擁している事務所への問い合わせをする方法の他にも、オーディション・信用のある専門学校への入学・交通情報キャスター・ラジオのアナウンサーなどから始めれば、ハードルはかなり低くなります。


アナウンサー募集もいろいろな職種がある

アナウンサーは、努力とセンスが必要とされる職業の一つです。

 

ただ、アナウンサーといっても、いわゆるレポーターという形式のものもあるので、さまざまな種類のアナウンサーになることができるでしょう。

 

確かに中途採用でのアナウンサーは、新卒ばかりで既卒はないといわれますが、それはテレビなどのメディア露出の多い局アナにかぎっては言えるかもしれません。

 

コミュニティ放送局などでは、まだまだ中途採用のアナウンサーがいます。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、アナウンサーの中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム