中途採用の意味

中途採用の意味はさまざま

転職の際に用いられる言葉で、新卒、第二新卒、中途採用などさまざまな呼び名があります。

 

このなかでも、中途採用という位置づけ、中途採用の意味 どんなことなのでしょうか。

 

中途採用は、一般的には定期採用時でない年度途中での採用のことを意味します。

 

比較対照されるのは、新卒採用ではないキャリア採用のことです。

 

会社をやめて退職した後に、新規で募集している企業に就職するというのが中途採用の一般的な意味です。

 

だから、簡単に言えば大学などの学校を卒業して入るのは「新卒採用」で、転職の場合が「中途採用」です。


給料面で差がつく「中途採用」の意味とは

中途採用の意味の最大の違いが給料に出てくる理由とは?

 

最近では、新卒でも3年以内に3割が退職すると言われています。

 

ということは、20代半ば以降で、一度就職経験ある人は、ほぼ中途採用ということになります。

 

ここでの、中途採用の意味の最大な違いは、主に新卒、第二新卒、中途採用で給料面に差が出てきます。

 

この代表的な三者の意味は、

  • 新卒

    大学や高校など学校を卒業した年の4月採用の人

  • 第二新卒

    大学を卒業した後に就職せしないで、新卒よりほんの数年経っている人。または、一度就職した後に離職、学校を卒業してからまだ日が浅い人

  • 中途採用

    第二新卒を含んでいるが、一般的にサラリーマンが転職する採用のこと

あきらかに、意味を見ても中途採用は年齢がそれなりの方をさします。

 

給料面では、中途採用は新卒や第二新卒と比較すると一度は社会人経験をしているので、高い会社が多いです。

 

とはいっても、未経験の分野への転職をする場合は、新卒と同じ扱いをする会社もあります。

 

他に中途採用の意味で、新卒と違う最大の点は、能力主義や能力給です。年齢、知識、経験は中途採用が注目される点です。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム