中途採用の最終面接

中途採用の最終面接は人物チェック

企業の最終面接では、ほとんど内定は決まっているので顔合わせ程度ではないか、と多くの人が考えているようです。

 

でも、それは、企業によります。一般的に、とくに最終面接でのチェック項目は、仕事内容や職場のすりあわせのようなことはまずないです。

 

中途採用では、即戦力が求められているので、それ以前の面接で現場担当者レベルで十分にすりあわせができているはずです。

 

中途採用の最終面接でのチェック項目は、人物や人柄のチェックが比重が大きいのです。


中途採用で不採用となる理由

中途採用で不採用となる理由

 

中途採用で不採用になる理由としてよく言われる項目があります。

  1. ビジネスマナー
  2. 一貫性がない
  3. 条件相性が合わない
  4. 熱意が伝わらない
  5. 中途採用で不採用になるのは理由があります。

     

    ここで、ビジネスマナーとは、最終面接でありがちなほっとしたときに出る言葉も含まれます。

     

    そこに、他人を差別するような言葉をつかっていたり、気遣いのない発言をしたりしないことです。

     

    転職理由で、「今の職場でそれは改善できないですか?」 と聞かれる場合もあります。

     

    これにあまりにも今の会社がダメで、、、、みたいな差別的な回答はアウトです。

     

    面接でいくらざっくばらんと言っても、公の場にふさわしい会話をしていないと、最終面接で不採用になってしまいます。

     

    アピールのチャンス

     

    再異臭面接で準備しておきたいのは、自己PRの事前準備です。
    特に下記の定番の質問の2点はかならず言えるようにしておきましょう。

    1. 何のための転職?(応募転職の理由)
    2. 今後どうしたいか?(キャリアプラン)

    この二つに、自分なりの答えを用意することは必須です。

     

    そして、
    「最後に、何か質問はありますか?」
    と聞かれたときには、アピールが足りないな、と感じたときには自分のアピールも追加で必要かもしれません。あくまでも、面接はスピーチではないので、アピールが一方的にならないように十分に気をつけてください。

     

    松下幸之助が面接で必ず聞いていた質問

    「あなたは運が良い方ですか?それとも悪い方ですか?」
    このポイントは、

    • ポジティブな人間でなのか?
    • 他人に感謝することのできる人間か?

    を聞いていた質問です。一番身近な周りの人への感謝の気持ちがあって、ポジティブな思考の人間であれば、一緒に仕事をしている他のメンバーにも好影響を与えられるから、松下幸之助が直接面接していたときは必ず、最終面接で聞いていたそうです。

     

    中途採用はやはり即戦力です。
    社風などの環境も即戦力に含まれると言ってもいいのですが、実際に入ってみないとわからないことろです。

     

    中途採用は、最後の最後の最終面接で人物チェックがされるものだと思って準備しましょう。

     

    ただ、中途採用ではどんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

     

    質の高い会社は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していません。

     

    公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

     

    非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、非公開の情報や希望する案件の情報を教えてくれます!

    非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム