中途採用で英語力を生かしたい

中途採用で英語をつかった仕事をするには

  • せっかく英語ができるので、英語を使った仕事をしたい!
  • 英語力を身につけて、英語を武器にして中途採用されたい!

勉強が嫌いではない方に多い傾向にある、英語を使った仕事への中途採用志望ですが、英語を武器として中途採用されるにはどれくらいのレベルが必要なのでしょうか。

 

多くの企業で、これに対する答えは、TOEIC 800以上というのが基準になっているようです。

 

少なくとも、英字新聞がスラスラ読めるくらいで、英語で中途採用のスタートラインになります。

 

でも、中途半端な英語ができても、英語を武器として中途採用がされることはないでしょう。

 

中途採用での英語の重要性は英語ができることにかぎらないからです。

 

中途採用とは、即戦力が求められているからなんですね。

 

だから、TOEICだけでははかれないものがあるんですね。それは、前職で何をやってきたかという経験です。

 

例えばMacのパソコンについてのマニュアル作成ができる、とか、メーカーの商品に関する専門知識をよく知っている、その上でそれを英語で紹介することができる、というレベルなんです。

 

英語ができるだけなら派遣で十分なんです。即戦力が必要とされる中途採用レベルだと、どうしても何か専門の知識、スキルがあって、プラス英語ができれば待遇は破格になります。


「英語+何か」が必要

英語プラス何かが必要な中途採用

 

仕事をよく知らないTOEIC900の人と仕事を知っているTOEIC700の人では、前者の方を企業は選ぶことはありません。

 

やはり、中途採用では経験と実力次第なんですよね。

 

だから、中途採用されるために、英語を学ぶのに自分でお金を使って外国に行くとか、授業料を払って英会話学校に行く必要はまった必要ありません。

 

バックグラウンドの知識をしっかり身につけることが大事です。

 

英語を生かすことができる外資系企業は、新聞や雑誌で中途採用を一般公開していない場合がほとんどです。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、外資系特有の面接・転職のコツ、非公開の情報や希望する案件の情報を教えてくれます!

 

外資求人に中途採用で転職成功できる無料のおすすめサイトは

こちら→高年収・外資系の転職はビズリーチへの登録が近道です(無料です)




中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム