「チャンスの神様に後ろ髪はない」は30代の転職の成功と同じ条件

二度と同じチャンスは来ない30代の転職

後ろ髪のないチャンスの神様

 

何かを決断する時に、「チャンスの神さまに後ろ髪はない」と言われることがありますよね。

 

神様の髪の毛を引っ張るどうのこうのと言う訳ではなく、後から後悔しないで、エィ!ってやっちゃいな、的な比喩のことです。

 

一度チャンスを逃したら、もう二度と同じチャンスはやってこない意味ですが、これは、中途採用市場の特に30代以降に言えることです。

 

せっかく自分に合うと思える仕事を見つけていながら、問い合わせもせず、うじうじしているとすぐに応募も締め切られてしいます。

 

チャンスを掴むために、普段からアンテナを張って、来たチャンスを逃さないようにすることが、30代からの転職の成功の秘訣です。


30歳からの中途採用でチャンスの神様に恵まれるには

30歳から転職をして、伸びる人になるためには、チャンスを味方にすることです。

 

30歳前後の人には、ちょっとしたチャンスが大きな仕事や成長に結びつくことがあります。

 

 

30過ぎてから中途採用されようと思うと、年齢的にも常識的になっちゃって、

「チャンスなんて、偶然にやってくることだし」

ってうがった見方をしてしまうんですよね。


 

運は、自分では操作できないもののように思うかもしれませんが、仕事を選択することは、自分の気持ち次第で、引き寄せることも可能ですよ。


ちょっと不思議な話ですが、チャンスには、いくつかの特徴があります。

 

チャンスには、それにふさわしい資質がある人にやってくるということです。

 

例えば、会社からあるプロジェクトを任されたとしたら、それだけのことをやれる人だ、と思われたからです。

 

よく映画でも、無名の新人が主役に抜擢されるのも、その人が主役としての資質を持っているからです。

 

転職する際には、今の会社で密かに力をつけて、準備万端にして待っていると、不思議と30歳を転機に、それにふさわしいチャンスがやってくるものです。

 

いざ、転職活動をすると「これ、やってみる?」と言わんばかりに舞い込んできます。

 

そして、チャンスは動いている人の元にやってくる、ということです。

 

新卒当初から、総務の同じ仕事を続けていた人がいました。

 

20代後半になって、

「単調な毎日から、なんとか抜け出したい」

とシステムエンジニアの学校に行くようになったんですね。

 

1年ほど通って中途作用されようと思い、転職した会社で、経営陣から「システム課に欲しい」と大抜擢された事例があります。

 

さらに、30歳後半になって、労働組合の仕事も並行するようになると
「会社には心が病んでいる人が多い」と気がつき、営業カウンセラーの講座に通って資格を取得したのです。

 

カウンセリングを活かした仕事ぶりが認められ、現在は、社内だけでなく、社外でも産業カウンセラーとして活躍しています。

 

自分で求めないとチャンスは掴めない

チャンスをつかむ転職

 

「求めよ、さらば与えられん。訪ねよ、さらば見出さん。叩けよ、さらば開かれん」とは、言い古された聖書の言葉です。

 

求めているから、与えられるのです。

 

尋ねたり探していたりするから、それが見つかるのです。
門を叩く・・・・

 

行動するから、それが実現する。

 

与えられるのを待っているだけじゃなく、自分から求めて動いていかなきゃ、誰もチャンスは与えてくれないのです。

 

転職をする際にも、もっと欲張ってもいいのです。

 

「やりたいことはやりたい」「欲しいものは欲しい」

と願望を伝えて動いていきましょう。

 

きっと、それに関する情報や人が次々に引き寄せられてくるはずです。

 

チャンスはあっという間に過ぎ去ってしまう

 

例えば、「この仕事、やってみる?」と言われた時に「やる!」とすぐに飛び込んでいかなければ、待っていてはくれません。

 

「じっくり考えてから答えを出します」、と悠長なことを言っていたら、転職市場では、「やる気がないのかな」と思われたり、他の人を探されたりすることになります。

 

「チャンスの神様には、前髪しかない」

 

「チャンスの神様に後ろ髪はない」

 

と西洋のことわざであります。

 

神様の前髪はふさふさしているけれど、後ろはツルツル。

 

やってきた時に、ぐずぐずしないで、えいっ!と掴まなければ30歳を過ぎてから、あとで追いかけても捕まえられない、という意味です。

 

これは、相手が自分の方に顔を向けている時『求められている』状況になったら、あっさりうまく行く事をあらわしています。

 

しかし、一旦、くるりと後ろを向いて『求められていない』状況になったら、『やりたい!」といくら叫んでも、その声は届かない、ということです。

 

アプローチがあった時に、ぐずぐずためらっていては、チャンスは掴めません。
「意外と良かったかも」と後悔してももう遅いのです。

 

30歳前後は、いろいろんチャンスが舞い込んでくる時期です。

 

それだけ会社や世の中に期待されているし、それに応える能力もついてきます。

 

「力をつけていく」「求めて動く」日常を送りつつ、「これだ!と思ったら即、飛び込む」

 

そんな人にチャンスの神様は微笑むものです。

 

それが、30歳からの中途採用でチャンスの神様に恵まれる条件です。

 

中途採用では、どんなに優秀に思える人材でも募集している職種にあわなければ採用しません。

 

質の高い会社は、新聞や雑誌、インターネットで中途採用を一般公開していません。

 

公開していても、求人欄には会社側にとって都合の悪い職場の情報は絶対に載せません。

 

非公開求人が多い実績ある転職サイトへの無料登録で、中途採用に特有の面接・転職のコツ、知られてない情報や案件を、転職エージェントが教えてくれます!

非公開求人が多いリクルートエージェント(無料です)



中途採用でのマナー 自己アピール方法 仕事別「中途採用」 中途採用の企業情報 コラム